スマホの件。

May 21, 2017

 

「そんな 忙しかったら、俺 もう帰るね」って 自分だったら 言ってしまうナ…@ファミレス

 

親子・職場仲間・恋人・友達(推)…たとえ“二人”であっても 相手を放置して 無言でスマホを いじっている様子に、未だに反応してしまう。

 

一通り(スマホを通じた)何らかの作業を終えたら、今 会ったかのごとく 世間話を始めたりするものだから それが今のスタンダードで、私の方が ずれているのかな… とも思ってしまう。付き合い始めのカップルであれば 検索しているかもしれないし…「沈黙 打破」と。

 

一方、言葉を交わすことだけが コミュニケーションではない、という側面も否めない。

 

私は以前、特に二人きりの場だと「ツナゲテ ツナゲテ」…アタフタ 自分にカンペを出していたけど、ぼーっと一緒に 外を眺めていたり、静寂の中 ちびちび盃を傾けたり …そんな時間もいいもんだな、と 最近では感じている(今の仕事の影響も大きい)。テラス席で 静かにランチをされている ご夫婦(推)なんかを見かけると、素敵だな、とも思う。

 

だから きっと、人によって 最適な時間の過ごし方は 違うんだろう。ただ。これだけは なんとかならないものか…

 

親御さんがスマホをいじる対面で お子さんが独り ハンバーグを頬張るシチュエーション。子供は なんとか注目を集めたくて話しかけたり、親の顔をチラ見したり… 他人様の家族のことですが、何とも さみしい。たとえ、臨界点に達しても「お母ちゃん。そんなに忙しかったら俺、先 家、帰ってるね」なんて言える年頃でも ないでしょうし…

 

そう考えると、沈黙には 寄り添う沈黙と 離れて行く沈黙があるように思えてくる。

 

Please reload

最新記事

May 17, 2020

January 26, 2020

December 14, 2019

October 25, 2019

September 22, 2019

May 18, 2019

March 12, 2019

January 29, 2019

October 8, 2018

August 31, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

©   2016   fukanya