ストレス。

November 16, 2017

 

「ストレス社会。」いつから言われるように なったんだろう。より便利で 快適な 社会を 目指してきた ホモ・サピエンス。総体的に見れば 確実に そうなって来ている。なのに 我々が生きる 現代「社会」を 言い表す際、このカナ四文字を アタマに付ける方が シックリくるように なってしまったのは皮肉だ …けど、このパラドックスは 作用があれば 必ず反作用があるというセオリーを 物語っている、とも言える。

 

・・・

「ストレス解消。」メディアでは ゲップが こみ上げるほど この手の情報が 繁殖している。それらは 何かしらヒントに なるかもしれないし、場合によっては ドンピシャな効果を 発揮することもあるんだろう。しかしながら、それらは 極めて 抽象的なものか、対症療法、あるいは「ある状況における ある人の話」などであって、当然ながら「こうすれば 必ず 解消する」代物ではない。

 

・・・

「自分の思うように 事が進まない状態。」簡単に言えば、ストレスを感じるのは こういうときだ。仕事 or プライペート といったステージや、その対象、要因は 別として。だから、ストレスを解消するには その問題と対峙して 現実的な対策を練る以外に ないんだと思う。ただ、厄介なのは 人は感情の動物であること。「なんで いつも こうなわけ?」「アイツは なんなんだ?」障害が起きると 最善策を考える前に イラついたり、ウンザリしたり。そして、それが 積み重なっていくと とんでもないモンスターに化けて、主従が逆転する。

 

・・・

「この障害は 俺に 何を示唆してるんだろう?」ストレスを 感じたとき、最近は こう思うようにしている。クソヤロぅ… と 舌打ちする前(した後)に「…って、言っちゃ ダメなんだよね〜」と 慌ててフォローして「これは お前が 人としての幅を 広げるチャンスじゃよ…フォッ フォッ フォッ」と、白毛のロン毛・髭モジャ 爺さん?に 頭の中で ご登場 ねがうと、フッと 視界が 晴れて 前向きになれることがある。

 

…  と言いつつも、にっちもさっちも いかないときは、知らず知らずのうちに 深酒して(「連れ:最近 ストレス溜まってんじゃない?」「私:ンなこと ねーよ」なんてやりとりが だいたい あって)気がついたら 自宅の床に Gパンのまま 転がっていたりする。なかなか 自分の成長スピードが上がらないことに 最近は もっとも ストレスを感じている。

 

Please reload

最新記事

May 17, 2020

January 26, 2020

December 14, 2019

October 25, 2019

September 22, 2019

May 18, 2019

March 12, 2019

January 29, 2019

October 8, 2018

August 31, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

©   2016   fukanya